オクトーバーフェストやす JAZZ UP!

LINEUP

マツモト アキノリ

司会者

マツモト アキノリ

e-radio e-joy
(月~木14:00 ~ 19:00)
火曜担当

ARTIST

守山高校吹奏楽部

守山高校吹奏楽部

私たち守山高校吹奏楽部は、毎日の練習の中で、基礎力を向上させ、よりよいサウンドを作り、「聞き手に感動を伝える」ことを目標に努力を積み上げています。
部員は100名を超えており、中学と高校との共有楽器も多いため、思うように活動できない日もありますが、知恵をしぼって練習に取り組んでいます。
本日は、皆様方がよくご存じの曲を、守山高校独自のアレンジでお聞きいただきたいと思います。音楽を通して、楽しい時間を共有できればうれしく思います。

KOI SOUNDS SPECIAL

KOI SOUNDS SPECIAL

結成は80年代。社会人になっても音楽から離れられなかった。
いい年になり人生における音楽の比重は増すばかり。
ここ十年は大津、高槻、仙台などジャズフェス等を中心に活動中。
ジャズスタンダードや懐かしのAOR・POPS から選んだ、" 大好きな歌" を心をこめて届けることを目指す" 大人な" バンド。

Yammy*

Yammy*

Yammy*(Vo,Ag)
ラリー藤本(B)
花田えみ(Key)

高校時代、福島県立安積女子高等学校のコーラス部の部長を務め、全国大会等で数多くの賞を受賞。大学在学中に単身渡米し、ロサンゼルスの音楽学校で本格的なJAZZヴォーカルを学び、帰国後、京都で音楽活動やラジオDJとしての活動を行い、自ら作詞したオリジナル曲「Love Sound」はスライ&ロビーにカバーされ全世界発売となり2007年のグラミー賞ベストレゲエアルバムの最終ノミネート曲となる。
2008年に自身のレーベルLove Sound Records を立ち上げ、オリジナルアルバムなどを発表。その後、SAKURA, 上田正樹, NANIWA EXP, SHOGUNなどのアーティストのライヴセッションやレコーディングに参加。
2011年3月、東日本大震災で被災した故郷にむけた「君のもとへ」を制作し、福島県内を始め全国各地でも話題となり、今やYammy の代表曲となる。2018年5月には、活動10周年を記念したアルバム「太陽」を発売。
関西をはじめ東京や福島などでライヴ活動を行ない、歌で笑顔と元気を届けている。

中島紅音(Vo)×星山啓一(Pf)DUO

中島紅音(Vo)×星山啓一(Pf)DUO

中島 紅音(nakajima akane)

2003年テイチクレコードより『泣かないよ』で歌手デビュー。
その後、歌謡曲からジャズに転身、 ギザレーベルより計4枚のアルバムをリリース。
スタンダードナンバーを現代風にアレンジ、レパートリーとする。
ハスキーなのにまろやかで伸びのある声が魅力。
2009、2010年にはビルボード大阪に出演。
現在は主に大阪Mr Kellys、Royal House、 京都祇園Candy、ラ・スイート 神戸ハーバーランド「GRAND BLEU」、ウェスティン都ホテル京都「MOON LIGHT」にて定期的にライブ活動を行っている。
現在は全国に拠点を広げ、2017年には通算5枚目のアルバム『Culmination Jazz』2018年1月11日にはシングルCD『Better place』を発売、Amazon ランキング一位獲得等注目を浴びている。

星山 啓一(hoshiyama keiichi)

1965年7月3日大阪で生まれ、神戸で育ち、現在は京都市在住。
5歳よりピアノを始め、中学高校時代は神戸にてロックやフュージョンのバンド活動に熱中する。
大学時代、京都にて藤井貞泰氏に師事しJazzに目覚める。
在学中より京都のライブスポットRAGで週末のアフターアワーズギグを5年間つとめ、その間国内外の一流ミュージシャンとセッションする。
卒業後、3度ニューヨークに渡り本場の空気を学ぶ。
現在は京阪神を中心にライブハウス、ホテル等で活動している。 藤ジャズスクールpiano 科講師。

木原鮎子(Vo)×木畑晴哉(Pf)DUO

木原鮎子(Vo)×木畑晴哉(Pf)DUO

木原 鮎子 (kihara ayuko)(Vo)

19歳の時に声楽と英語を身につけるために単身渡米、帰国後は京都に拠点を移しJAZZを学び数年後にジャズシンガーとしてデビュー。
音楽を通して多くの方達と出会い、関西を中心に関東、北陸、東北と各地で活動。
また、ジャズシンガーとして活動する傍ら、結婚式場での聖歌隊、北島三郎氏や舟木一夫氏のバックコーラス、劇団のコーラス指導や個人のボイストレーニング指導など、活動の幅を広げる。
2011年に滋賀県湖北の余呉に移住し、自然の中で暮らしながらジャズシンガーとして活動中。
2012年ファーストアルバム「Seasons」を全国発売

木畑 晴哉 (Kibata Haruya)(Pf)

幼少の頃よりクラシックピアノを学び交響楽団と共演するなど数多くのコンサートに出演。
14才で音楽から離れ、22才の時に洗足学園短期大学JAZZ科に入学。
そこからJAZZを始め今泉正明氏に師事。
関西に戻りTpの田中洋一氏との双頭バンド「KIBATANABAND」を結成。
日野皓正ニューディレクションをはじめ数多くの国内外のバンドに参加。
伝統に根ざしたフィールとクラシックやブラジル音楽の影響を受けた美しいサウンドを併せ持つピアニストとして全国にファンも多い。
作曲家としても数多くの作品を発表し、 現在は関西を拠点に全国各地で演奏活動を行う傍ら大阪音楽大学JAZZ 科講師として後進の指導にあたる。
これまでに2 枚のリーダーアルバムを発表「KIBATAHARUYA TRIO GRAY DAWN」「木畑晴哉 SOLOPIANO SINCERELY YOURS」

MUSIC ACE JAZZ ORCHESTRA

MUSIC ACE JAZZ ORCHESTRA

中島 智子(as)、畑 淳治(ts)、古川 佳英子(ts)、遠藤 朋子(bs)、前田 圭一(tp)、三好 和明(tp)、勝見 友男(tp)、石田 伸浩(tp)、石田 義昭(tp)、石田 正巳(tb)、日比 晴久 (tb)、林 幸子(tb)、山本 太郎(tb)、高谷 満廣(tb)、中司 美幸(pf)、桂 秀雄(b)、加藤 芳顕(dr)

2018年にバンド結成54周年を迎えた、滋賀県守山市を拠点に活動する社会人ジャズビッグバンド。
11/25(日)栗東文化芸術会館さきらで、テナーサックス西村由香里さん、ボーカル小柳淳子さんをゲストに迎え定期演奏会を開催。ぜひお越しください。

曽根麻央

曽根麻央

1991年生まれ。
ジャズを基盤として日本の音やその他の民族音楽を融合させる、完成度の高い個性的なスタイルを持った日本人のトランペッター、ピアニスト、歌手、作曲家。また、トランペットとピアノの同時演奏という独特なスタイルでも知られている。
幼少期よりピアノを始め、8歳でトランペットを手にすると9歳で地元・千葉県流山市での音楽活動をスタートさせる。18歳で日本を代表するドラマー猪俣猛グループに参加し、同年バークリー音楽大学より全額奨学金を授与され渡米する。 タイガー大越、ショーン・ジョーンズ、ハル・クルック等に師事。 在学中世界的に著名な様々な賞を受賞。2016年に同大学の修士(Master) 課程の第1期生として首席卒業し、NYへ移る。同時に、グラミー賞受賞ピアニスト、ダニーロ・ペレスの設立した教育機関、グローバル・ジャズ・インスティチュートに在籍し、ダニーロ・ペレス、ジョー・ロバーノ、ジョン・パティトゥッチ、テリ・リン・キャリントン等に師事し、共演も果たす。
これまでにニューポート、モントレー、モントリオール、トロント、ドミニカ共和国等の国際的なジャズ・フェスティバルに出演。
2017年には自己のバンドを率いてNYブルーノートやワシントンDCのブルース・アレイ等、アメリカを代表する老舗ジャズクラブに出演を果たした 。
児山紀芳氏が「小曽根真、上原ひろみに続く逸材」と大絶賛!
2018年4月18日 ポニーキャニオンより、セルフプロデュースで異例の2枚組(アコースティック盤、エレクトリック盤)「Infinite Creature」でデビュー。

jizue

jizue

山田 剛(ベース)
粉川 心(ドラム)
井上 典政(ギター)
片木 希依(ピアノ)

2006年、井上典政、山田剛、粉川心を中心に結成、翌年より片木希依が加入。
これまでに『Bookshelf』、『novel』、『journal』、『shiori』、『story』の5枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCKFESTIVAL』、『GREENROOM FESTIVAL』、『朝霧JAM』といった大型フェスにも出演。
国内に留まらず、カナダ、インドネシア、中国、台湾など、海外にも進出し、その圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。
2017年10月、ミニアルバム『grassroots』でビクターよりメジャー・デビュー。そして、2018年7月25日(水)、2年ぶりとなる6枚目のフルアルバム『ROOM』をリリース。