ホットスタッフ

RAMMELLS(ラメルズ)

デビューアルバム『Authentic』

リードナンバー『2way traffic』 CRCP-40537  ¥2,315(tax out) 2017.12.6リリース

ブラックミュージックをベースに怪しく艶やかに奏でられるサウンドに、どこか気だるく退廃的な20代の若者たちの気分を描いた歌詞。中毒性のあるボーカルの声とリリック、それを支えるリズム隊のグルーヴと調和を破壊するようなラウドで攻撃的なギターサウンドが織りなすその独自の音楽性2015年8月の結成から僅か2年余りで注目を集めた4ピースバンド、RAMMELLS(ラメルズ)。ギターの真田徹がSuchmosのYONCEらと組んでいたOLD JOEの解散後、自分の求める最高の音楽を実現させるために大学時代の先輩である黒田秋子、村山努を誘って結成されたRAMMELLSは2016年に彦坂玄をドラムに迎えてライブ活動を本格的にスタートさせる。そして今年12月、デビューアルバム「Authentic」をリリース。この作品にはSimply Redのメンバーで日本屈指のドラマー&音楽プロデューサーの屋敷豪太氏が参加した「HERO」をはじめとした書き下ろしの新曲を含む10曲が収録。せひ新世代のシティポップをおためしあれ!

坂口有望(さかぐちあみ)

2ndシングル『空っぽの空が僕はきらいだ』

リードナンバー『空っぽの空が僕はきらいだ』 ESCL-4946 ¥1,200(tax in) 2017.12.6リリース

SNSを中心に10代女子中高生の間で話題沸騰中!大阪在住の16歳現役女子高校生シンガーソングライター坂口有望。2015年1月、曲作りを始めたばかりの14歳の時に初めて三国ヶ丘FUZZのステージでギター弾き語りライブを行う。その後大阪・京都のライブハウスやストリートを中心に精力的に活動し、2016年9月Tower Recordsから1st Indies Single「おはなし/地球-まる-」をリリース。11月には満を持してホームの三国ヶ丘FUZZにて初ワンマンを開催し、ソールドアウトとなる。

そんな彼女が送る今回の作品は、現役高校生ならではの感性で挫折や苦悩を描き、瑞々しくそして力強さと儚さを孕んだロックチューン!!!さらにこのシングルを受けてこの冬、東名京阪のワンマンツアーを行う。