ホットスタッフ

mahina(マヒナ)

デジタルシングル『everyday』

リードナンバー「everyday」 2020.7.1リリース

揺らぎのある独特の低音、エモーショナルなハイトーンを持つシンガーソングライター mahinaは2018年、ミニアルバム「mahina & the sun」でシーンに登場。配信限定リリースされたこのミニアルバムは、無名の新人ながら、iTunesリアルタイムランキング3位を獲得。大型フェスからもオファーを受け出演するなど、業界のみならず、音楽ファンの間でジワジワとその実力が評価される。そして2020年。唯一無二の歌声を携えて、ついに本格始動。3部作として4月にデジタルシングル「Light Of the World」5月に「GRIMM」をリリースし、注目度も急上昇。そして今回、いよいよ3作目となる「everyday」をリリース。こちらは前2作の流れを受けた3部作完結作品といえるような壮大かつエモーショナルなミディアムロックで表現力が存分に発揮された作品に仕上がっている。

MORISAKI WIN(モリサキ・ウィン)

デジタルシングル『パレード - PARADE』

リードナンバー「パレード - PARADE」 2020.7.1リリース

俳優・歌手として活動する森崎ウィンがMORISAKI WIN名義でこの夏、ソロとしてメジャーデビュー。ミャンマーで生まれ育ち、小学校4年生の時に来日、その後中学2年生の時から芸能活動を開始した彼は、2008年にダンスボーカルユニット“ PRIZMAX ”に加入。俳優としても活躍する中で、2018 年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督の新作「レディ・プレイヤー1」で主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビューを果たす。その後も数多くの映画やドラマに出演し、2020 年に映画「蜜蜂と遠雷」で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。今年8月にリリースするEP作品を前に今回、先行で配信シングルをリリース。今回の作品について彼は「ミャンマーと日本にルーツをもつアジア人の自分は、純粋にアジアが好きなので今後はアーティストとしてアジアツアーを目標に活動し、世界中に僕の音楽を届けていきたいです」とコメントしている。